素材を見極める目には自信があります。

店主の出発点は魚屋でした。その後、調理を学び、研究し、
お客さまに厳しく鍛えられて現在に至ります。
素材を妥協すると、お客さまが離れることを知っています。料理は素材。
だから、妥協なく厳しく選びます。

厳選された鯖

お寿司に合わせて、
鯖の種類を選んでいます。

MANGIAではお寿司に合わせて厳選した、2種類の鯖を使用しています。焼き鯖には、ノルウェー産の鯖を使用。エサが豊富な冷たい海で育つため大きく太り、脂がよくのっています。国内産の鯖と比べ2倍以上の脂質があるといわれ、旨みがたっぷりあり、風味が良く、焼き鯖寿司に適しています。炙りしめ鯖には、対馬海峡から五島列島海域で獲れる「旬さば(ときさば)」を使用しています。「旬さば」とは秋から冬にかけて獲れる寒鯖の中でも、一匹当たり400g以上の大きな鯖を指します。潮の流れが速い玄界灘の荒波にもまれ、身は厚く引き締まり、コクのある上質な脂がたっぷりとのってます。

旨みと押さえた辛味が特長の明太子

明太子は博多の逸品
「博多あごおとし」。

オホーツク海やベーリング海など極寒の海で獲れたスケトウダラの卵を厳選し、熟練の技で仕上げられたブランド物の明太子を仕入れています。
数種類の唐辛子をブレンドした秘伝の調味液にじっくりと漬け込み熟成。魚卵本来の旨みが際立ちふっくらなめらか、しっかりとした粒感、旨みと押さえた辛味が特長の逸品です。

お寿司に合うようオリジナルでブレンドしたお米

旨みがたっぷり、
佐賀県産「夢しずく」。

夢しずくは、「キヌヒカリ」と「ひとめぼれ」を交配させた佐賀県産のお米です。ふっくら、ツヤがあり、程よい粘りを持っています。化学肥料や農薬の使用をおさえた「特別栽培」で育てたお米を、「24時間熟成精米法」で仕上げています。一昼夜かけてゆっくりと精米することで、甘味と旨みは、さらにアップ。噛めば噛むほど甘味と旨みが出てきます。また、その年の出来具合を確かめながら、お寿司に合うようオリジナルでブレンドしています。

クリーンで栄養豊かな自然海塩

玄界灘に浮かぶ
加唐島産「一の塩」。

「加唐島」は玄界灘に浮かぶ、自然が豊かな小さな島。この島にある製塩場では対馬海流を取水し、クリーンで栄養豊かな自然海塩を精製しています。
取水から仕上げまで一切外気に触れさせない徹底した製造方法を守ることで、純粋な自然海塩が作られます。低温仕上げにより、栄養分を損なうことなく、ミネラルをたっぷりと含んでいます。ほのかな甘味と奥行きのある旨みが、素材の味をバランスよく整えます。

安心も安全も美味しさの一部です。

MANGIAではひとつ一つ手作りで仕上げています。美味しくなるよう、
心を込めて作ることはもちろん、
一人ひとりが安心と安全に心を配りながら作っています。

一人ひとりが安心と安全に心を配りながら作っています